知っておきたい中途採用支援の方法を丁寧に説明します

転職に際して、久しぶりに履歴書を書くという人も少なくありません。それもそのはず、学校を卒業して、何年か社会人として勤めている間は、履歴書を書くという作業はしないものだからです。しかし、転職に際して、履歴書と、職務経歴書など、応募先の会社に送付する書類は非常に重要なものです。その書類作成に関しての知識が乏しいとき、そのアドバイスをしてくれるのが中途採用支援です。今の時代、履歴書は、学歴と職歴だけ書いておくればいいというものではありません。いかに採用担当者の目を引き、興味をもってもらえるかが転職の大きな鍵となります。書き方ひとつで相手の印象が変わるので、そのテクニックを中途採用支援で学び、転職活動に活かして行きましょう。自分以外の人の意見を聞くことで視野が広がります。

履歴書は、自分という人間の経歴を見てもらうもの。

まずは、履歴書の書き方からです。今の時代、応募先が履歴書を手書きで書くように指定していなければ、パソコンで作成するのもよいでしょう。それはなぜかというと、そこでパソコンスキルがあるとみなされるからです。今の時代、業務にパソコンを使わない会社は殆どありません。そうなってくると、問われるのが、パソコンでの文書作成能力です。自分で最初から作っても良いですし、履歴書のテンプレートをインターネットで探して、そのフォーマットを使うのもよいでしょう。出来れば、趣味や特技を書くものが好ましいです。それはなぜかというと、履歴書は職務経歴書とは違い、その人物のパーソナリティを表現出来るからです。どこ出身で何が趣味で、どんなことが得意なのか?それを相手に伝えることが出来る書類が履歴書です。

職務経歴書はわかりやすく、端的に書く。

次に職務経歴書ですが、どちらかというと、業務に直結するのがこの職務経歴書です。つまり、採用担当者は「この人が自分の会社に入ったら、何ができるかな?」という部分を見る書類だからです。出来るスキルは一通り、全部書いておきましょう。直接的な関連がなくても、間接的にそのスキルを活かせたり、またそのスキル習得の努力が伝わるからです。あくまで、今までの仕事の業務内容は、わかりやすく、端的に書くことが鉄則です。わかりやすくいうと、今までの仕事内容を他社、もしくは異業種の人が読んでも通じるか?ということを念頭に置きながら書くことがポイントです。出来上がったら、中途採用支援の担当者に読んで貰いましょう。ついつい業界用語を使って書いてしまいがちですが、それでは相手に今までしてきた仕事内容がキチンと伝わらず、本当は素晴らしいスキルなのに、理解してもらえない場合があります。