中途採用支援で気を付けるべきポイントをお教えします

転職する人にとって、力になる中途採用支援ですが、中には、職業斡旋により企業から報酬を受け取っているところもあります。そういったところは、転職者の希望する転職先ではなく、斡旋料の高い企業を必要以上に勧め、高い報酬料を得ようとするところもあります。気をつけるべきポイントとしては、その中途採用支援が求職者と企業の間で、中立的な立場で意見を述べているか?という点です。公的な中途採用支援であれば、そういった企業からの紹介料や斡旋料は発生していませんので、非常に中立的な立場から意見を述べてくれるでしょう。他の民間企業の中途採用支援でも、求職者の希望を丁寧にヒヤリングして、適性にあった企業を勧めてくれているのであれば、問題ありません。担当者としっかり話をして、その担当者がどんなスタンスで仕事を紹介しているかよく観察してみることが必要です。

転職市場はとても賑わっている状態

いまや、転職市場は非常に賑わっている状態です。その理由は、時代がどんどんIT化されていき、新しい産業がたくさん生まれているからです。特に、IT関連の企業は、優秀な人材をたくさん確保しようと募集をたくさんかけています。しかし、メカ系に縁がない人にとってはどうしても嫌煙してしまう分野でもあります。プログラミングやデータ解析などいかにも難しそうな分野として認識されているため、「自分にはそんなスキルはない」と引腰になってしまう人が多いからです。しかし、そういったスキルが今はなかったとしても、仕事をしていきながら少しずつ身につけていくということも可能です。またそういった企業でも、基本的なパソコン操作が出来ればよいというところもありますので、臆せず探してみるのもよいでしょう。

需要が多い業種を見極める必要がある

いつの時代も、医療系・介護系の業界は人手不足です。医療は人が存在する限り決してなくなることはない業種で、看護師や医療事務の仕事は女性にとっては人気の職種となっています。また、高齢化社会の現代ですので、介護の分野も非常に需要が高い業種となっています。中途採用支援には、その分野に特化した支援もあります。例えば、介護福祉士の資格講習が受けられるといった内容や、看護助士の講習が受けられるといったところです。資格は一度とってしまえば、仕事をしていく上で損することはありませんから、その資格の勉強を後押ししてくれる機関があるのであれば是非すすんで活用するべきでしょう。これまでその分野に従事したことがなかったとしても、他の仕事で得たものと併せて活かしていけば、更に飛躍した転職が可能となるでしょう。