はじめての人でもわかるよう中途採用支援のプロセスを解説します

社会人経験がない新卒は、入社したところがスタートですが、中途採用は、今までの経歴があります。その今までの経験を最大限に活かせるように転職の手助けをするのが、中途採用支援です。なぜ、そのように手助けする機関が存在するのか?というと、企業の中には、社会人経験のない新卒より、ある程度社会人経験を積んだことのある中途採用を採用したいという現状があるからです。中途採用は、企業にとって採用してすぐに使える即戦力として認識されています。企業としても、どんな人材が求職中であるのか興味があり、企業側からも自社にふさわしい求職者を探そうとしています。中途採用支援はいわば、企業と求職者の橋渡し役になって、いい人材を適性のあった企業に就職できるよう手助けしているのです。

まずは、自分のスキルの棚卸作業から始める

転職するにあたり、これから売っていくのは自分自身です。まるで、芸能人のオーディションのようですが、これは事実です。自分は何ができて、どんな分野に強く、そして、どういう性格かというのを企業側にしっかりアピールする必要があります。就職は、需要と供給で成り立っていますが、いくら需要が増えたとしても、企業はやはり、優秀でたくさんのスキルを持っている人材を欲しています。そこで、自分は何ができて、自分を雇ったらこんなメリットがあるということを、履歴書や職務経歴書、面接時に積極的にアピールする必要があります。そのためには、まず、自分の持っているスキルを自分自身がしっかり把握しておく必要があります。自分自身で何ができるかわからない状態では、アピール力が弱いでしょう。

コミュニケーション能力は転職に必要不可欠

自分の棚卸ができたら、あとは、それを相手にわかりやすく相手に伝える努力が必要です。そこにはコミュニケーション能力が問われます。コミュニケーションは、社会で生きていく上では必要不可欠なスキルです。よく自分は内勤の事務職であまり人と話す必要がないといって他者と自分からコミュニケーションをとりたがらない人がいますが、それでは面接時にきちんと相手に自分のスキルを伝えることができません。面接官は既に職務経歴書に書いてあって読めばわかることでも敢えて質問してきたりします。それは何を見ているか?というと、コミュニケーション能力を見ているのです。仕事をしていれば、どうしても他者と話をしなければいけないシーンはたくさん出てきます。その時に、どのような態度でコミュニケーションをとるか?というところも見られているのです。もし、コミュニケーションに自信がない場合、中途採用支援にそのことを相談してみるのもいいでしょう。何か力になるアドバイスがもらえるはずです。